利用に伴う費用の見極め

普通の予備校の医学部コース

予備校には残念ながら国立や公立がなくすべて私立の学校が運営しています。医学部を目指すのであればそのコースが用意されている予備校を選ぶ必要がありますが、費用がそれなりにかかり高校などのように補助が受けられないのを覚悟しなければいけないでしょう。大手予備校にはいろいろなコースが用意されていますが、年間50万円から100万円ぐらいのところが多く医学部コースになると最も高い100万円近い金額になるでしょう。国公立と私立だと受験科目や面接対策などで違いが出てくるので、国公立の方が少し高くなる時もあります。サラリーマン家庭で国公立の医学部に入学してもらいたいのであれば、医学部専門予備校よりもリーズナブルな普通の予備校の医学部コースがいいでしょう。

医学部専門予備校を利用するとき

医学部を目指す際に予備校を選ぶときには、普通の予備校の医学部コースにするか医学部専門予備校にするかは大きな違いになるので注意が必要です。授業内容に大きな違いがあり合格実績においても違いがあります。さらに違うのが授業料で、医学部専門予備校は普通の予備校の医学部コースに比べるとかなり授業料が高くなります。安いところで年間200万円ぐらいで高いところになると年間で1千万円近くかかるところもあります。もちろん授業料が高い分合格に近づけるノウハウが得られますし、個別指導などを朝から晩までみっちり受けられるなどのメリットもあります。お金をいくらかけても子供を医師にしたい家庭であれば、こちらを利用するのが確実かも知れません。

過酷な医学部の受験を勝ち抜くために、医学部の予備校の合宿があります。合宿は1週間以内の短期のものが多く、宿泊費、食費、授業料を合わせて何十万にもなります。値段は高いですが一日中しっかり勉強ができます。